« 造花でも花は花なのさ | トップページ | アイスノンみたいな世界さ »

「ぼくの妹」 第3話

大滝秀治さんに「一緒にビールでもどうです?」と尋ねられたら迷わずご一緒しますけどねーdiamond ああ勿体無い。

ドラマの世界ってよく「キツイキタナイなんとか(忘れた)」の3Kと呼ばれる仕事の人がハイソサエティに着飾り空調の良いオフィスでチャラチャラ仕事しているように見える仕事人たちをやっかみますが、実際はそれあーんまりない気しますーdash そうでもないのかしら?ガテン系でいいじゃないですかー、少なくとも知り合いの工場勤めの方とかはネクタイした小奇麗な営業マンとも仲良くしてるけどなー。で、「出たよ。」と思ってしまうわけです。

今回、下水道関係のお仕事をしている九鬼(千原ジュニア)が江上盟(オダギリジョー)のようなお仕事を妬んでやっかんで・・・っていうか個人的な恨みのせいなのですが、大人はしてはいけないことをします、なんだかねぇtyphoon 妹颯(長澤まさみ)をバッティングセンターにまで呼び出してとか・・・

もう大人じゃないみたい(@Д@)おそろしや、里子(ともさかりえ)が絡んだ以外の恨みが何かあるのではないでしょいか。で、里子を近づかせて、みたいなのでしょいか。

「九鬼は間違っていると思う。地上の人間も様々なのだ」、マンホールの中で話すお話とか、「地上の人間」でも胃潰瘍になったりメンタル壊したりするまでみんなお仕事頑張ってると思うよ。なんだか300万円のお話も疑ってしまいます。気の毒なお話だけどさ。「そんなお金」という言葉にものすごく反応します、もう怖いよsweat02

この九鬼という男のおかげで兄妹の絆は強まっていきますが、非常に「こーゆー人いたらめんどくさいな」と思います。事故のお話とか、本当に気の毒なのですが。大人気ないことされても警察とか弁護士とかに相談できないポイントはなんか里子のことが表に出ると兄妹にとって良くないからなのでしょうかねぇdash どうなんでしょうかねぇ。とお茶をすする。

|

« 造花でも花は花なのさ | トップページ | アイスノンみたいな世界さ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ヤマト様、おはようございます。

たとえば、午前5時~午前10時位の間に
無性にタンタンメンが食べたくなって
困ることがあります。
大都会の真ん中でも
なかなかこれはオーダーできない。
深夜店は終了。
普通店は開店前です。
駅の立ち食いラーメンにはタンタンメンはないし
立ち食いはいやだ。
もうそういう場合は自分で作るしかないのです。
もしくは作ってくれる家族や友人が頼りです。
そして・・・
朝から辛いスープを飲み干して
うまい・・・生きていてよかったと思うのが人生です。

九鬼くんはダメだな・・・
下水仲間の妹に里子がいたことで
なんかラッキーっとか思っていた節があります。
下水仲間の下水臭さと
お医者様の消毒液臭さ
どっちが好まれるかという問題なのでございます。

まあ・・・盟にも
タダノリの負い目があるので
もうこうなったら
下水の中でタイマンはるしかないよな。
そしてじいちゃんに
「つまらん・・・おまえらのケンカはつまらん」
と説教してもらえばいいと考えます。

優しくすればつけあがる
これを君子は忘れてはならないのですからなーっ。
しかし蕁麻疹は過労でも発生しますからなー。
休養も大切ですぞーっ。

投稿: キッド | 2009年5月 6日 (水) 07時22分

キッドさん、こんばんは~♪♪

あれっ、
書いたコメントが
全部消えている。
あれっ、
どこか押したかな、

でも大丈夫。
また書き直します。
明日からまたお仕事という現実、
これに比べたら大抵のことは大丈夫です。

つけあがってしまって申し訳ないです、
「婚カツ」のレビューを中断・・・
本当にすみませんです。
「婚カツ」をしているうちが花だ、
実際の結婚生活は・・・
それ以上は言うまい、

「自分の悲劇に酔う」
良いですね、九鬼、
そういう人いますよね、
でも中途半端だと見苦しいけど
ここまで酔い方がストレートで
まっすぐでまっしぐらで一直線だと
「人を恨むこと」への美学さえ感じます。

もうどんどん「地上の人」恨んで
どんどん「地下な自分」蔑んで
どんどん酔いしれてほしいですね。

でも美男美女姉妹は
その美貌のせいで世間に迷惑かけても
幸せでいてほしいと思うのは
不思議です。
どこがどう操作して
人の心情をそう動かすのか。
ドラママジック。主題歌マジック。

「つまらん!おまえの話はつまらん!」
お酒を飲みすぎると、次の日の朝、
電話応対の声が壊れたハーモニカになるので
要注意です。

投稿: ヤマト | 2009年5月 6日 (水) 20時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13569/29433426

この記事へのトラックバック一覧です: 「ぼくの妹」 第3話:

» 浴びるほど桑田の歌に負けた~(オダギリジョー)いいえ婚カツに勝った~(長澤まさみ) [キッドのブログinココログ]
・・・というわけで「ぼくの妹」のレビューです。・・・どんなわけかは聞かないでくだ [続きを読む]

受信: 2009年5月 5日 (火) 08時38分

» 長澤まさみ ぼくの妹 [ぼくの妹 新ドラマ ぼくの妹]
【5000円以上送料無料】ぷにぷに感がたまらないTBS系連続ドラマ「ぼくの妹」にオダギリジョーさんの妹役で主演の長澤まさみさんがドラマで使っているキーチェーン。プニプニキュートな靴下型キーホルダー(キーチェーン、グリーンドット)【新生活・新学期・新入園・新入学 】Key chain Marvelous【メール便可】商品価格:750円レビュー平均:0.0 ぼくの妹で、長澤まさみが「高視聴率とったら好きなジャニーズをご指名共演させてよ... ぼくの妹で、長澤まさみが「高視聴率とったら好きなジャニ... [続きを読む]

受信: 2009年5月 8日 (金) 07時25分

« 造花でも花は花なのさ | トップページ | アイスノンみたいな世界さ »