« さくらんぼ! | トップページ | また造花。 »

「ぼくの妹」 第10話

蓋をできなかった盟(オダギリジョー)でした(Ф▲Ф;)typhoon 何故。何故にあんな素敵な理事長の娘さん春奈(笹本玲奈)がフラれ・・・それで思い切り困ったちゃんを選べば極端で面白いんだけど、このコはこのコで魅力のある空気の読めない看護師機美(西原亜希)をチョイスheart01 もうモテモテクン(古)はこれだからいいよね。選び放題好き放題さ。

いろいろな意味で恵まれている盟ですが、田舎で開業医になるのが夢となるとやはり機美のほうがふさわしくなるのでしょうね。唯一恵まれていないのが妹颯(長澤まさみ)の自由奔放さと男選びの残念さにふりまわされ悩まされるところspade 生まれつき女難の相の焼印がどこかに?

つい最近好きになったダメンズ九鬼(千原ジュニア)は、最終的に肺がんになりますdash 借金もありお仕事運もない、これならまだ許す(本当は許せない)、だけど今度は病気になりました。肺がん。目もあてられない。

盟はお医者様なので、九鬼がもう助からないことを見抜き「妹の幸せを考えてほしい」と九鬼に申し出る。当然だ。結果、九鬼は逃亡、妹颯は激怒。唯一無二のこんなに素敵なお兄ちゃんに絶縁宣言です。恵まれたものを見て育ってきた女の子は何事にも恵まれていない男の子が好きなのかな?

九鬼はそんなに悪いやつではなかった的な結論の今回ですが、もう「地上で出会ったいい人間には紙で作ったコマをあげる」とかそういった捻じ曲がり加減とてもいやsign03 個人的にとてもいやです。千原ジュニアはスマスマとかで面白かったし好感もてますが、九鬼はなんかすごく好きじゃないですdash 九鬼の人格を全否定するネガティブな今回のレビューでした。

|

« さくらんぼ! | トップページ | また造花。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ヤマト様、こんにちは。

もう・・・夏でございますな。
お~いお茶冷凍ボトルの季節です。
冷蔵庫まで行くにも汗だくになるので
ここは手元に冷凍ボトルが一番なのです。
伊藤園のまわしものではありません。
コンビニに売り切れていると
頭に血が昇るので
冷凍庫一杯買います。
・・・だから売り切れるのか・・・。

「君が好きで好きでたまらないから
ボクは旅に出るよ」
とか
「君への愛で心が溺れてしまいそうだから
ボクはふりかえらない」
とか
「君の愛らしさを受け止める自信なんか
ボクにはこれっぽっちもないから
宇宙へ行こうと思うんだ」

・・・みたいな。
ウルトラ馬鹿野郎の役を
演じきる芸人。

そう思うしかありません。
そう思うしかなす術はないのです。

「岸和田少年愚連隊 血煙り純情篇」(1997)で
感電死した千原靖史は
分相応だったなあとか
思う他はないのでございます。

ジュニアも雷に撃たれちゃえばいいのに
と思いながら・・・。

投稿: キッド | 2009年6月27日 (土) 14時24分

キッドさん、こんばんは~♪♪

ヌッホ-。

日曜日の夜に珍しくシラフです。
昨日ある行事で
昼~夕方ビール飲み通しでしたので
まったく体がアルコール受け付けません。

毎晩こうだと家計が助かるのになー。
でも酒好きとしては
人生の楽しみが減る気分で損した気分。

そこに来ると
「お~いお茶」はとても健康的ですね。
春馬がお茶園にのまん中で
ぐびぐび飲むだけのことはあります。

春馬じゃなくて春奈、ミスりましたね。
ちょっと「あせりすぎ感」を
ヤマトの女子力アンテナはキャッチしましたが、
どのみち春奈は
ダルビッシュ紗栄子並に勝ち組女子だ~。
どのみち勝つ運命だ~。

録画してある最終回、まだ見ていませんが
もうなんか予告でだいたいのことは・・・。

千原ジュニアは「スマスマ」で
わりと好感もちましたが(2回目)、

とにかく今回このドラマで
まさみさまと抱き合ったりいちゃついたり
できて、よかったねー!
としか・・・それしか言えない。

投稿: ヤマト | 2009年6月28日 (日) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13569/30282730

この記事へのトラックバック一覧です: 「ぼくの妹」 第10話 :

» ぼくが地上人ならお前は地底人か(オダギリジョー)お兄ちゃんのバカバカ~(長澤まさみ)涙をふいて(笹本玲奈) [キッドのブログinココログ]
まあ、世の中には千原ジュニアによく似たタイプの顔の人がいて、たとえば目元がそっく [続きを読む]

受信: 2009年6月26日 (金) 20時42分

« さくらんぼ! | トップページ | また造花。 »