« COACHの帽子 | トップページ | 北川景子さん萌え »

ドラッグストアの「可愛い」の限界

最近、急激にアルコールに弱くなってきています どうしたことでしょう。ものすごくすぐ酔っ払って眠くなります(500ml1缶とかで)。歳ですかね。歳なのですかね。でも中尾彬(アルコールの話だとすぐこの人)とかってあの歳でザルと呼ばれる酒豪みたいだし、今まで働いてきた会社の上司のおっさんたちにもザルと呼ばれる酒豪は多かったし、なんで34歳でもうアルコールに弱くなってるんだ

で、土曜の夕方、自由奔放にビールという名の発泡酒を飲みながらほろほろほろ酔い(*Φ∀Φ*) なのですが、今日はとっても疲れました。朝からいろいろゴタゴタしてて、そのゴタゴタってのはダンナサマが朝からありえない高熱を出したので助手席に乗せて病院に急いで、それが・・・感染力が非常に強いやっかいなウィルス だったため、もうすでにウィルスが体内に潜伏している可能性の高い配偶者(自分)・・・共倒れした場合を想定しいろいろ買い物・・・とかそんな(注:新型インフルではありません、もっと一般的なウィルスです)。

Dscn1831_2で、病院で何故か水虫のお薬をもらっていたのを発見し、水虫が進行していることをカミングアウトされ、それものすごくうつったイヤだし・・・ということでスリッパ買いました。裸足生活だったもので。

どうせなら可愛いの・・・ でもドラッグストアではバーバママが限界でした。もっと姫っぽいふわふわもこもこピンキーなの欲しかったのに、ドラッグストアにはそんなもん置いてませんでした。

|

« COACHの帽子 | トップページ | 北川景子さん萌え »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドラッグストアの「可愛い」の限界:

« COACHの帽子 | トップページ | 北川景子さん萌え »