« ラーメンについて熱く語ります | トップページ | 手作りインテリア »

観ました、「南極料理人」

少しだけタイムリーじゃない記事で申し訳ございません。もう上映している映画館少なくなっちゃったかな?

これがデビュー作となる沖田修一監督作品。デビュー作とかってよく見るけど、普通にとても良い映画だったり多いですね(芸人さんとかミュージシャンとかのデビュー作除きます)。

で、すごく劇的なストーリー展開とか、感動大作ラブストーリーとか、複雑な知的ミステリーとか、そういった躍動感溢れる種類の映画しか観たくな人にはお勧めできないのですが、のんびりのほほんなゆったりした気持ちでどきどき笑いときどきホロリと楽しみたい方heart02 にはベスト、そんな趣向の方にはとってもベリーベリーマッチな映画でございます。

Yyy南極の「南極ドームふじ基地」に勤務する男性8人。マイナス54度の極寒、ウィルスも生き残れない南極の孤島です。西村(堺雅人)、雪氷学者(生瀬勝久)、雪氷サポート隊員(高良健吾)、医療担当のドクター(豊原功補)、気象学者(きたろう)、他3名、

それぞれ適材適所な任務をかかえ、南極や南極の仕事を愛する者、早く家族と暮したい者、早く恋人に会いたい者、皆がいろいろな気持ちを抱えながら一緒に起きて食べて仕事して食べて、お酒飲んだりもして、排泄したりもして、眠る。とにかく娯楽の少ないこその場所で、8人の男性たちはそれぞれに素敵なコト、ささやかな楽しみを見つけながら、面白おかしく、ときには喧嘩したり発狂したり悶絶したり泣いたり、いろんな気持ちで一緒に時を過ごし、最後にはそれぞれの故郷に帰る。その南極での日々をコメディタッチ、でもハートウォーミングな人間模様、最初から最後まで退屈せず楽しめました。

タイトルがタイトルだけに、料理人西村の作る様々な、日本食から中華から洋食まで、美味しそう(*@▼@*)heart04 なお料理たち、お料理のための食材確保の方法、その食材の調理方法、などなど、お料理に関する様々な部分がこの映画の見どころとなります。お料理が好きな人はもうそれだけでとっても楽しめると思うsign03 見ていて飽きない。

美味しそうだし、食材を丁寧に丁寧に扱う料理人西村の楽しそうにお料理する姿は良いものだし、美味しそうに食べる仲間たちの幸せそうな顔ってのも良いものだし、まだ上映してる映画館近所にあったら是非足をはこんでみてほしいです。

|

« ラーメンについて熱く語ります | トップページ | 手作りインテリア »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございました!
私は料理嫌いだけど
ちゃんと作らなきゃ!こんなに喜ぶんだから!
と思いました。
お料理ってすごい力があるんだな、と思いましたよ。
大切にしたいです。

と、思うだけはいつも思っています。

投稿: vic | 2009年10月 7日 (水) 21時51分

vicさん、こんばんはdiamond

TBとコメント返し、どうもありがとうございますnote

そうそう、
食事って当たり前のことだけど、
結構重要だなー
って再確認なんですよね!

手間をかけて美味しく作ると、
食べる人にもきちんと伝わる・・・

というわけにはいかないこともあるかもですが、
お料理きちんとすると、
なんか気持ちいいですよねhappy01

「えびフライ」には大爆笑でした!
でも食べてみたいsign01

投稿: ヤマト | 2009年10月 7日 (水) 22時14分

ヤマトさん、こんにちは^^
TB&コメント、ありがとうございましたm(__)m
1年も長期間は嫌だけど2泊3日くらいの疑似体験が
できるならば、行ってみたいですね(笑)?!
日本人にとっておにぎりやラーメンはきっと
シンプルながらベストなんでしょうね~
でもあのエビフライは(爆)

かもめ食堂、感想待ってますよ!

投稿: cyaz | 2009年10月 8日 (木) 17時26分

cyazさん、こんにちはhappy01

台風大丈夫でしたか?

今日、お勤め先が台風のおかげで
お休みだったので、
なんとなく車でブラブラしてみたら、
いろいろな看板倒れてましたsweat01

あと家では犬が2匹離れてくれませんsweat02

南極では台風は無いのかな?
本当、二泊くらいなら、滞在してみたい!

エビフライは衝撃的でした~。
西村君、皆の要望にイラッとして
意地でも揚げたsign01みたいな(笑)

おにぎりってやっぱり良いですね。
おにぎりは「混ぜ混ぜ派」でしたが、
これからきちんとした具材を
綺麗に真ん中に入れて作りたいですup

投稿: ヤマト | 2009年10月 8日 (木) 18時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13569/31687461

この記事へのトラックバック一覧です: 観ました、「南極料理人」:

» 『南極料理人』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「南極料理人」□監督・脚本 沖田修一 □原作 西村 淳 (「面白南極料理人」新潮社刊)□キャスト 堺 雅人、生瀬勝久、きたろう、豊原功補、高良健吾、西田尚美、古舘寛治、黒田大輔、小浜正寛、小出早織、宇梶剛士、嶋田久作■鑑賞日 8月23日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> ある日突然南極観測隊への参加を命じられても、なんで僕なんだって思ってしまうのが普通。 子供の頃から南極観測隊を夢見て、その夢が目前で事故ってし... [続きを読む]

受信: 2009年10月 7日 (水) 17時18分

» 『南極料理人』 [ラムの大通り]
-----これって、昨年度の映画賞を総ナメにした堺雅人が 南極ドームふじ基地で、8人の男たちのために料理を作るって話だよね。 オモシロそうな、そうでもなさそうな…。 「うん。確かにイメージがつきにくいよね。 この映画では、その舞台がほとんど難局に限られている。 周りはペンギンもアザラシもいない真っ白な世界。 開かれているとはいえ、一種の密室劇だからね。 こういう映画の成功のカギは、 一にも二にも役者の力量にかかっているといっても過言じゃないかも…」 ----そう言われてみると、 けっこう、個性的な役... [続きを読む]

受信: 2009年10月 7日 (水) 20時49分

» 南極料理人 [勝手に映画評]
南極観測隊で調理担当だった西村淳氏のエッセー「面白南極料理人」「面白南極料理人 笑う食卓」を映画化。 原作を読んだことがあるんですが、元々面白いエッセーでしたが、映画になるとは思っていませんでした。映画になっても、その面白さは失われていません。しかしながら、劇ではないので、少し冗長かなぁと思うところも。セリフの無いカットが多いんですよねぇ。その辺りをきちんと締めれば、もっとテンポある映画になったのかと思うんですが・・・、と、ここまで書いて気が付いたんですが、のんびりした雰囲気を出すために、セリフの... [続きを読む]

受信: 2009年10月 7日 (水) 21時43分

» 映画「南極料理人」 [Playing the Piano is ME.]
空腹なまま見に行くと、もうやばい、やばい! もう、お腹がグウグウなっていました! 家に帰ったら 普段は「手間がかかるから」と言って滅多に作らない 茶碗蒸しなんて、頑張って作ってしまいました。 ... [続きを読む]

受信: 2009年10月 7日 (水) 21時52分

» 南極料理人 [to Heart]
おいしいごはん、できました。 氷点下54℃、 家族が待つ日本までの距離 14,000km 究極の単身赴任。 上映時間 125分 原作 西村淳 『面白南極料理人』『面白南極料理人 笑う食卓』(新潮文庫刊) 脚本・監督 沖田修一 出演 堺雅人/生瀬勝久/きたろう/高良健吾/豊原功補/西田尚美/古舘寛治/小浜正寛/黒田大輔/小出早織/宇梶剛士/嶋田久作 南極観測隊に料理人として参加した、西村淳原作のエッセー「面白南極料理人」を映画化した癒し系人間ドラマ。 {/book_mov/} 西村(堺雅人)... [続きを読む]

受信: 2009年10月 7日 (水) 22時49分

» 映画 【南極料理人】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「南極料理人」 南極観測隊に料理人として参加した、西村淳原作のエッセー「面白南極料理人」を映画化。 おはなし: 西村(堺雅人)は南極の昭和基地からも遠く離れた南極ドームふじ基地に料理人として派遣され、任務も年齢も違う7人の男たちの栄養面の面倒を見ることになるが・・・。 基地と南極大陸という二重の密室に閉じ込められて過ごす一年は、気が遠くなるほど長く感じる事でしょう。気が合っても合わなくても、毎日同じメンバーと顔を合わさねばならないですし、仕事も単調。ビデオも本も飽きるほど見たものば... [続きを読む]

受信: 2009年10月 7日 (水) 23時35分

» 「南極料理人」みた。 [たいむのひとりごと]
料理って化学なんだよなーっていつも思うけれど、料理人は科学者じゃないんだよね。強いて言うなら芸術家?南極の奥地”ドームふじ基地”に集まった、所属も仕事もバラバラな寄せ集め8人衆での1年半。当たり前が通... [続きを読む]

受信: 2009年10月 7日 (水) 23時56分

» 映画『南極料理人』 [書道楽ブログ]
8月22日(土)…全国ロードショーの初日に観にいってきました。 私が観たのは、21時05から始まる回、いわゆるレイトショーなんですが、この時間にもかかわらず、 ケッコウお客さんが入ってましたよ。... [続きを読む]

受信: 2009年10月 8日 (木) 09時39分

» 南極料理人・・・・・評価額1550円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
もしもあなたが、一年間の単身赴任を命じられたとしたら・・・? しかもその行き先が、雪と氷以外何も存在しない南極大陸だったとしたら・・... [続きを読む]

受信: 2009年10月 8日 (木) 23時31分

» 映画 「南極料理人」 [ようこそMr.G]
映画 「南極料理人」 [続きを読む]

受信: 2009年10月 9日 (金) 01時06分

» 『南極料理人』 試写会鑑賞 [映画な日々。読書な日々。]
昭和基地からもはるか遠くに離れた、ペンギンもいなければウイルスさえ存在しない、地の果てにある南極ドームふじ基地。日々研究に励む南極越冬隊員を支えるべく、料理人・西村が単身赴任でやってくる。孤立無援の僻地で、西村はフォアグラ、伊勢エビ、松坂牛など…絢爛豪... [続きを読む]

受信: 2009年10月 9日 (金) 02時22分

» 『南極料理人』を観るつらさ [映画のブログ]
 テアトル新宿は全席指定なのに、『南極料理人』は立ち見が出る盛況だった。  同じくテアトル新宿で観た『インスタント沼』も込んでいた。... [続きを読む]

受信: 2009年10月11日 (日) 01時57分

» 南極料理人☆独り言 [黒猫のうたた寝]
おいしいご飯があれば、まぁどんな状況でもどうにかなるもんです。『南極料理人』は南極ドームふじ基地を舞台にその観測隊員8人の日々を描いた作品です。-70℃にもなる極寒世界での1年半の観測生活集まったメンバーは気象学者のタイチョー氷雪学者の本さん、そのサポートの院... [続きを読む]

受信: 2009年10月14日 (水) 10時15分

« ラーメンについて熱く語ります | トップページ | 手作りインテリア »