« うなぎ犬 | トップページ | 久しぶりだ舞浜夢の国 その壱 »

「曲げられない女」 第3話

あらゆる面倒なことがエスカレートして、さらにに面倒なことになったときに便利な弁護士さんですが、もうアメリカじゃなくて日本だからいちいちねぇ・・・あっちで訴訟こっちで告訴って・・・お金もかかるし・・・。

そんな弁護士さんのタマゴ、「パラリーガル・荻原早紀(菅野美穂)」なのですribbon  彼女はブログを作成していません。何故なら弁護士になるために日々勉強しているからなのです。日々の食費を節約し、我が道を行くために婚約者とも別れ、自分の信念を貫くために待遇の良い職場も退職、そして日々司法試験合格を目指し勉学に励んでいるからなのです。

そんな学務学務学務の日々に陰を落とす母・光(朝加真由美)の病気。うーん・・・今回はいまいちだったかなあ(Θ▲Θ;)sweat02 第一話、第二話がかなり楽しめたので、ここに来てどーん!!!て「のだめ」思い出すなあ。第3話がイマイチだったからです。

早紀の母が心臓病で亡くなる今回、母の死の悲しみ・・・父の死を経験している者としては、「想像を絶する」というより「想像がつく」のですが、しかし想像できないのが、我が子を残しこの世を去る父親や母親の心情typhoon まだ人の親になったことがないので。正確に言っておきたいので。

教え子たちよりも、教壇に立てなくなる自分よりも、早紀を心配する。きちんとした人間に育てられなかった。自分の死語、面倒をみてくれる人間の有無を心底心配する

なかなかにヘビーな環境で主婦として生きる長部璃子(永作博美)は、どこかで自分が「必要とされていない」と感じる。浮気している旦那、子供たちを放さない義母。「早紀が不幸になればなるほど日頃のつらいことが忘れられる」と早紀をおちょくりつつも、しかしどうして何かと早紀を心配するようになり、自然と早紀の世話とやくheart01 もてあました母性本能が、あまりにも人並みに世渡りできない早紀に向かったのでしょうか。

ここまでは理解できるのですが、「娘さんの【プチおっかけ】heartと名乗る藍田光輝(谷原章介)、その社会的地位を考えても、いくら本人がヒマだと言っても、「そんなことしている時間はあるのか!!!」とつっこみどころ満載なほどに早紀にかまいます。病院から早紀の母親・光を連れ出すくだりは・・・あの・・・ご自分のお仕事上の立場大丈夫ですかー!?問題なのではー!!??と視聴しているほうが心配になるのです。

しかしやはり。ここはやはり。ありきたりな、世渡り上手で臨機応変に生きる柔軟な現代女性たちshine に飽き飽きした光輝は、超人的に自己を曲げずに生きていく早紀に〔異性として〕惹かれていたのでした。光の葬儀の後、坂本正登(塚本高史)に説教までします。【プチおっかけ】にもなるよね、それは。

麻央ちゃん、おめでとう!!!幸せになってね!!!

★:・:*・☆第三話の素敵なお言葉★・:*・☆

その人がどんな人間かは、友達を見ればわかる。

|

« うなぎ犬 | トップページ | 久しぶりだ舞浜夢の国 その壱 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ヤマト様、こんばんは。

冬になると喉が渇いたときに
ついカップスープを飲んでしまうわけですが
これがまたすぐにもう一杯飲みたくなる。
何かいけない成分が入っている気がします。
といいつつ・・・コーン・スープの後に
オニオン・コンソメ飲んで
ポタージュを飲んでいるキッドです。

・・・長いわっ。

3話は気まぐれな風が吹きますからな。
くりかえしのギャグも三回目が
難しいところ・・・
二回目まではまたか・・・ですみますが
三回目は狙いが分かるところです。
このヤロー、笑いとりにきてんのかっ・・・
という警戒警報が発令されますし。

花魁の世界では
初見・・・裏返しときて
馴染みとなる大事なところ。

そこでスカスカだと
客を損ないますな。

まあ・・・でも
三回も通ったんだからしょうがないと
大目に見る姿勢も大事です。

何の話なんだよ。

その点・・・クドカンはいつも
初回はそれほど面白くない。
そして三回目は爆笑です。

これはある意味・・・手なのでございましょう。

投稿: キッド | 2010年1月31日 (日) 00時01分

キッドさん、こんばんは~♪♪

本日も全身疲労で寝込んでおりました。
いつになったら再起できるのかしら。

花魁かあ。ヘビーそうな職業だわな。
ディズニーランドで1日はしゃいで
バテテますので。
不可能だわな。
現代社会で花魁なんていないわ。

でも花魁道中体験企画みたいのあったら
楽しそうだな。
派手派手に着飾って、
綺麗なカンザシ刺して、
何て呼ぶのか解りませんが
あのすごく厚みのある下駄履いて・・・。
一時大流行したアツゾコは
あれから来たのかな・・・。

魔の三話目。
今回は心に響かないストーリーでしたが、
四話目に期待しまする。
ヒロインにはとても好感持っていますし。

冬に美味しいカップスープ。
石原さとみが
お兄ちゃんの受験を応援するCM、
思い出します。
可愛い少女だったのに
いつのまにか大人の女性に。

クドカン作品、主婦となった今、
「吾輩は主婦である」
を第一話から丁寧に見たいです。
あの作品はもう大爆笑っていうか、
クドカンと磯山晶で昼ドラって斬新でした。
あ~見たい。

投稿: ヤマト | 2010年1月31日 (日) 20時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13569/33170181

この記事へのトラックバック一覧です: 「曲げられない女」 第3話:

» 後で後悔して悔やむことになると言えない女(菅野美穂) [キッドのブログinココログ]
無理矢理かぶらせてくどくしてどうする。 かぶらせるって丁寧ってことだと思うから。 くどいと真心がないように聴こえるだろう。 コミュニケーションって難しいわ。 水曜日のダンスは・・・。 「相棒」15.7%↗17.2%↘17.1% 「検事」*9.4%↘*5.6%↗*6.0% 「曲女」15.4%↘11.0... [続きを読む]

受信: 2010年1月29日 (金) 18時49分

» 人気ドラマのロケ地情報は「ciao」でチェック! [最新ドラマのロケ地をご紹介!]
もしかしたら?会えちゃうかも?!人気ドラマのロケ地情報がたくさん。話数ごとに増えるロケ地を随時ご紹介。 [続きを読む]

受信: 2010年2月 1日 (月) 07時34分

« うなぎ犬 | トップページ | 久しぶりだ舞浜夢の国 その壱 »