« ヤンキー君とメガネちゃん 第3話 | トップページ | ヤンキー君とメガネちゃん 第4話 »

BARBARA RIHLのデザイン なんて可愛いの

某ショップにあったトートバッグを前にフリーズしました。やっと再起動した後、バックの周りをうろつくもそのお値段に断念し、当初の目的とおり4000円前後のカゴバッグを探しにeye もう数え切れないくらいある4000円前後のカゴバックを吟味しながらも、アタマの中はやはり・・・あのトートバッグのこと一色heart02

こういった場合、予算的なことを考えて妥協して3900円のスパンコールのついたカゴバッグなどを買って帰っても、「本当はアレが欲しかったのになーアレ」とカゴバッグを見るたびに無念。カゴバッグだってもっと愛してくれる人のところに行きたかろうよ。

ということで、購入してしまいました。一部現金、一部カード決済という苦しい購入方法で・・・でもちょっと無理して購入しても、経験上そういったカバンや靴は、10年とか経っても余裕で飽きないsign01 コレ本当sign03

222

問題のトートバッグはこれ。BARBARA RIHL というフランスのデザイナーさんのものです。もちろんMADE IN Franceshine あーーー本当にこういった買い物したときって充実した気持ちになる。頑張って働こう!!!って心から思えるよ。

|

« ヤンキー君とメガネちゃん 第3話 | トップページ | ヤンキー君とメガネちゃん 第4話 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

カワイイバッグですね!
しかもメイドイン・フランス!?素敵!

私、アメリカ行った時、コーチのバッグを買って帰ったのですが
コーチのバッグは生まれて初めて買いましたが...
みんなの大好きな、人気のあるブランドなのに
持ち歩いていても、逆になんだか個性がなくなっちゃったような
ただの見栄っ張りになったような気がして
ちょっとテンション下がってます。

こういう自分が気に入って買ったバッグって本当に愛着湧きますよね。

私は「みんなが持っていない物」買った方がすっごく嬉しい。
やっぱり私はあまのじゃく。
ヤマトさんも?

投稿: vic | 2010年5月15日 (土) 23時35分

ヤマトさん、おはようございま~~~す♪♪♪

わぁ、可愛いバッグ~~~!
さすが、おフランスだわぁ。
フランスのものって、やっぱりちょっと違いますよねぇ。
ホント、そう思う!
すごく気に入ったものって、飽きが来ないんですよね。
ヤマトさん、いいお買い物ができて良かったですね。

そして可愛いミトンちゃんが、元気になって良かったです♪♪♪

投稿: まり♪まり | 2010年5月16日 (日) 11時08分

vicさん、こんにちはnote

ありがとうございます、良いカバンでしょう?

うーん、私もやはり、
丸の内OLさんが皆もっているようなものは
苦手だったりします。
昨年の冬でいうと、ベージュのダウンとか、
皆着てるなー買うのやめよう、とか思ったり。

ちょっと個性的なモノが好きup

とはいえグッチやヴィトンやコーチには弱いですsweat02
個性的とはいえなくても、
やはり使用しているときの満足感がすごい気がする!
私はチャームで自分らしくカスタムします。
      ↓
http://cutiesweet.cocolog-nifty.com/becameyome/2008/10/post-0dc3.html

vicさんも是非試して下さい(普通しないかな?)!
チャームは選ぶのもとても楽しい。

投稿: ヤマト | 2010年5月16日 (日) 21時03分

まり♪まりさん、こんにちはribbon

ありがとうございます!
フランスのものって、お洒落ですよねー。
なんだろう・・・どうしてこんなデザイン思いつくのだ?

やはり、良い買い物できると嬉しいですねsign01
しょっちゅうあれも良いこれも良いじゃマズイですが(笑)
たまーになら、少しお高いモノを買うのもアリですね☆

そしてミトンへのお気遣いにも感謝です。
もう元気元気、なくしほえるしとびはねます。
もともと性格がとても明るい子なので、
それでこそミトンなのですdiamond

投稿: ヤマト | 2010年5月16日 (日) 21時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13569/34697434

この記事へのトラックバック一覧です: BARBARA RIHLのデザイン なんて可愛いの:

« ヤンキー君とメガネちゃん 第3話 | トップページ | ヤンキー君とメガネちゃん 第4話 »