« だから何 | トップページ | 最近のインテリア事情アレコレ »

観ました、「悪人」

「フラガール」が素晴らしかった李相日監督作品。原作は吉田修一。

公開したばっかりくらいに観たのですが、かなりレビューが難しそうっていうか困難そうっていうかspade なんかうまく書けなそうって尻込みしてて、延ばしに延ばしてたら産気づいて子供産まれちゃいました。

うーん・・・原作読んでいないからなんとも・・・。モントリオールで最優秀女優賞受賞の快挙深津絵里さんsign01 んもう深っちゃんは個人的に大好きなので本当に嬉しかったな。先日の妻夫木聡さんの国内の某賞での受賞も良かった。

で、そんなお二人が演じる男女が逃走しながら深めていく愛がこの映画ではメイン。なのか?被害者・加害者の親族の苦しみがメイン。なのか?現代人の希薄になっている他人への愛情がメイン。なのか?個人的には全てがメインなのだと思う。何を全面に出して何をサブにしてるとかって無いように思います。

感情移入するベース・・・。逃走する男女の悲恋か、加害者・被害者の親族の苦悩か・・・ココがどちらだったかといえば、ワタクシは加害者清水祐一(妻夫木聡)の祖母房枝(樹木希林)と被害者石橋佳乃(満島ひかり)の父佳男(柄本明)に魅せられて
しまいました。

Wg2貴重な賞を受賞した深津絵里さん演じる馬込光代も素晴らしかったし・・・女性特有のやり場の無い寂しさ、一人の男性を真摯に愛する姿、妻夫木聡さんの祐一も「どうしておれってこんな人間なんだろう(方言の入った正しい台詞を忘れましたすみません)」というやるせない感情を抱える青年を体当たりで演じておられて素敵でした。

すごくよくわかる気がするの。「どうして自分ってこんな人間なんだろう」って。でも自分は自分、容易には変えられない、その自分と死ぬまで付き合わなければいけない辛さ・・・祐一を囲む背景は恵まれたものではない、祐一が抱える孤独も癒されない、でも祐一は祐一として生きていくしか道はない。

しかし人間を殺したらそこで全てが終わる。だって絶対にしてはいけないことだから。房枝と佳男の苦悩を見て、殺人という行為でいろいろなことが「終わる」のだって痛感。

しかし灯台を舞台にした二人のやりとりはロマンチック!あの2人の隠れた生活は綺麗。光代の足を暖めてあげる祐一。美しい夕焼けを光代に見せてあげる祐一。これって「愛」だよね。すごく純粋な。こんなに素晴らしい心情をもった祐一が人間を一人殺したことで光代との愛を育むことはもう不可能になる。当然のことなのだけれども、被害者の人生はこれからだったのだし・・・でも・・・悲しいよね。

|

« だから何 | トップページ | 最近のインテリア事情アレコレ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ヤマトさん、お久しぶりです。

>「どうして自分ってこんな人間なんだろう」って。

自分の性格の本質は変える事は出来ないけど、
人間としてやってはいけない限度はある。
その領域を踏み外してしまった祐一をフォローする気は毛頭ないけれども、
佳乃よりも先に光代に出会っていればこういう惨劇は起きなかっただけに
運命の皮肉さを感じてしまいました・・・。

投稿: BC | 2010年12月11日 (土) 22時31分

BCさん、こんにちは!
コメントどうもありがとうございました。

二人の負のめぐりあわせ・・・

本当、何か、
「これとこれを混ぜ合わせると有毒ガスが・・・」
くらいに出会わなければよかった二人ですね。
二人とも、どちらがどうすごくいけなかった・・・
というのは、あまり感じられませんでした。

光代に先に出会っていれば・・・。
でも殺人事件にまでならずとも、
こういった運命の皮肉は世の中には多いのだろうな、
なんて感じました。

投稿: ヤマト | 2010年12月13日 (月) 00時37分

こんばんは。

柄本明は、ほんとよかったですね。
彼は歌を歌っても味があります。
偶然見つけたので
ちょっとご紹介。
http://www.youtube.com/watch?v=gdmeGcwuDwE
オリジナルは、
みなみらんぼうです。

投稿: えい | 2010年12月29日 (水) 23時46分

えいさん、こんにちはsun

やっと自分のブログに訪れました、
育児、おそるべしです。
大変申し訳ありません。

柄本さんカッコイイですね!
子供の頃から思っていたけれど、
「表現者=役者」
って、本当に何でもこなせてすごいなーと思います。

バラエティとかもうまくこなしていると、
あー本当に何をさせてもすごいなーって。
私は加瀬亮さんっぽい
バラエティにあんまり出ない役者さんが好きですが。

悪人、D VDになったら、
またじっくり見たいです。
映画館では感じられなかった部分が
まだ沢山ありそうで。

投稿: ヤマト | 2011年1月15日 (土) 12時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13569/37954331

この記事へのトラックバック一覧です: 観ました、「悪人」:

» 『悪人』 大切な人はおるね? [映画のブログ]
 上手いなぁ。  『悪人』で、深津絵里さんが自転車で畦道を走るシーンを見ながら、そう思った。  片手で傘を差し、片手でハンドルを握り、冷たい雨の中、ゆらゆらと揺れながら、誰もいない田んぼの中を走...... [続きを読む]

受信: 2010年12月 4日 (土) 18時20分

» 悪人 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。吉田修一原作、李相日監督、妻夫木聡、深津絵里、岡田将生、満島ひかり、柄本明、樹木希林、余貴美子、宮崎美子、塩見三省。 光代役の深津絵里が自転車に乗っていると ... [続きを読む]

受信: 2010年12月 4日 (土) 18時26分

» 悪人/妻夫木聡、深津絵里、岡田将生 [カノンな日々]
日本での公開直前に開催されたカナダはモントリオール映画祭で主演の深津絵里さんが見事に最優秀女優賞を獲得した作品です(ふかっちゃん、おめでとォ!)。かなり期待していた作品で ... [続きを読む]

受信: 2010年12月 4日 (土) 18時44分

» 悪人 [花ごよみ]
試写会で見てきました。 原作は吉田修一の同名小説。 監督は李相日。 出会ってしまった孤独な男と女。 その二人を、妻夫木聡と深津絵里が演じます。 福岡・佐賀・長崎 が舞台。 保険外交員、佳乃(満島ひかり)が何者かに 命を奪われる事件が発生。 まず最初に大学生増尾(岡田将生)に、 嫌疑が掛かるが、 捜査が進んで行くにつれ、 清水祐一(妻夫木聡)という土木作業員が 容疑者として浮かび上がってくる。 妻夫木聡、深津絵里、柄本明、樹木希林等、 配役はぴったり。 妻夫木に祐一の役が、 合... [続きを読む]

受信: 2010年12月 4日 (土) 18時52分

» 映画「悪人」@朝日ホール [masalaの辛口映画館]
 今回はyahoo!映画ユーザーレビュアーとして試写会に招かれました。客入りは女性客を中心に9割くらい。   【送料無料】久石譲/悪人【CD】 映画の話 若い女性保険外交員... [続きを読む]

受信: 2010年12月 4日 (土) 19時25分

» 『悪人』 ('10初鑑賞121・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆★-- (10段階評価で 5) 9月11日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 14:00の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2010年12月 4日 (土) 20時13分

» 「悪人」 無表情の感情 [はらやんの映画徒然草]
深津絵里さんがモントリオール世界映画祭で主演女優賞を受賞しましたが、作品を観れば [続きを読む]

受信: 2010年12月 4日 (土) 20時19分

» 悪人 [だらだら無気力ブログ]
芥川賞作家・吉田修一の同名ベストセラーを「涙そうそう」の妻夫木聡と 「博士の愛した数式」の深津絵里主演で映画化したヒューマン・ミステリー・ ドラマ。長崎の漁村で孤独な人生を送り、ふとしたことから殺人者となって しまった不器用な青年と、そんな男と孤独の中で…... [続きを読む]

受信: 2010年12月 4日 (土) 21時05分

» 映画『悪人』(お薦め度★★) [erabu]
監督、李相日。脚本、吉田修一、李相日。原作、吉田修一。2010年日本。犯罪映画。 [続きを読む]

受信: 2010年12月 4日 (土) 21時19分

» 悪人 [LOVE Cinemas 調布]
芥川賞作家・吉田修一の同名ベストセラー小説の映画化。九州で起きた殺人事件、その犯人の男と、男が出会い系サイトで知り合った女が愛し合い出口の無い逃避行を繰り広げる。主演は『ノーボーイズ、ノークライ』の妻夫木聡と『女の子ものがたり』の深津絵里。共演に岡田将生、満島ひかり、柄本明、樹木希林といったベテランと若手の演技派が揃う。監督は『フラガール』の李相日。... [続きを読む]

受信: 2010年12月 4日 (土) 21時57分

» 悪人 [いい加減社長の日記]
なんか、重そうな感じもして、「どうしようかなぁ・・・」と思ってたんだけど。 深津絵里さんが賞を取ったり、ピグとものゆきちゃんから、「実家近くがロケに使われてるから観ろ」と脅されたりで。 金曜日に「悪人... [続きを読む]

受信: 2010年12月 4日 (土) 22時10分

» 悪人 [映画鑑賞★日記・・・]
2010/09/11公開(09/02試写) 日本 PG12 140分監督:李相日出演:妻夫木聡、深津絵里、岡田将生、満島ひかり、宮崎美子、樹木希林、柄本明なぜ、殺したのか。なぜ、愛したのか。ひとつの殺 ... [続きを読む]

受信: 2010年12月 4日 (土) 22時10分

» 「悪人」、深津絵里の傷だらけの演技 [とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver]
善悪よりも、人間の弱さや醜さが主な登場人物それぞれにある。この映画を見終わると、自分がいつこういう立場になるかわからないと共感できる。楽しい映画ではないが、問題意識の確認のために見ることをお勧めする。おそらくハリウッドがリメイクして、少し上映時間を短くし... [続きを読む]

受信: 2010年12月 5日 (日) 08時40分

» 『悪人』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「悪人」□監督 李 相日□脚本 李 相日、吉田修一□原作 吉田修一□キャスト 妻夫木 聡、深津絵里、樹木希林、柄本 明、岡田将生、宮崎美子■鑑賞日 9月12日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)<感想>  映画が終わってから、しばらく何も言葉にできなかった・・・。  それは、感動とかではなく、なんかむなしい喪失感が全身を覆ったからだ。  誰が「悪人」って、こんな映画(... [続きを読む]

受信: 2010年12月 5日 (日) 08時54分

» 映画「悪人」 [FREE TIME]
注目の映画「悪人」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2010年12月 5日 (日) 18時07分

» 悪人・・・・・評価額1700円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
「悪人」とは、何ともド直球なタイトル。 多分に韓国映画の影響がありそうな気がするが、最近の日本映画には人間の心のダークサイドにスポットを当てた作品が多い。 中島哲也監督の「告白」はその代表だろう...... [続きを読む]

受信: 2010年12月 5日 (日) 22時28分

» 悪人 やっぱ役者ってすごいわ〜! [労組書記長社労士のブログ]
【=41 -12-】 モントリオール世界映画祭で深津絵里が最優秀女優賞を受賞したり、初日舞台あいさつで妻夫木くんが感極まって号泣しちゃったり、と話題は満載。予告編の流し方も良かったからか、前評判はさておき、自分も是非観たいなと思っていた。 長崎在住の清水祐一は、博多で働く石橋佳乃と待ち合わせをしていた。しかし、待ち合わせ場所で佳乃は他の男の車に乗って行ってしまった。佳乃を追いかけた祐一は、福岡県の三瀬峠で彼女を殺してしまう。その後、長崎でいつも通りの日常を送っていた祐一は、以前出会い系サイトでメール... [続きを読む]

受信: 2010年12月 6日 (月) 10時41分

» 悪人 [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
吉田修一のベストセラー小説を『フラガール』の李相日監督が映画化。原作者の吉田修一は李相日と共同で脚本も手掛けるほどの意欲作。この作品で描かれるのは、他人と理解しあうこ ... [続きを読む]

受信: 2010年12月 6日 (月) 13時47分

» 悪人 [voy's room]
土木作業員の清水祐一(妻夫木聡)は、長崎の外れのさびれた漁村で生まれ育ち、恋人も友人もなく、祖父母の面倒をみながら暮らしていた。車だけが趣味で、何が楽しくて生きているのか分からない青年。佐賀の紳士服量販店に勤める馬込光代(深津絵里)は、妹と2人暮らしで、アパートと職場の往復だけの退屈な毎日を送っていた。孤独な魂を抱えた2人は出会い系サイトで知り合い、刹那的な愛にその身を焦がす。しかし、祐一はたったひとつ光代に話していない秘密があった。彼は、連日ニュースを賑わせていた殺人事件の犯人だった。n... [続きを読む]

受信: 2010年12月10日 (金) 18時00分

» 『悪人』 [ラムの大通り]
----このタイトルって、 あまりにも直接すぎニャい? 予告観ても、だれが悪人かすぐ分かっちゃうし…。 「いやあ、そこが原作のうまいところなんだろうね。 観ていて、途中、主人公がいい人か...... [続きを読む]

受信: 2010年12月10日 (金) 21時30分

» ■『悪人』■ ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2010年:日本映画、李相日監督&脚本、吉田修一原作&脚本、久石譲音楽、妻夫木聡、深津絵里、岡田将生、満島ひかり、樹木希林、 柄本明出演。 [続きを読む]

受信: 2010年12月11日 (土) 01時10分

» 悪人 [ダイターンクラッシュ!!]
2010年9月11日(土) 21:30~ TOHOシネマズ川崎6 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:未確認 『悪人』公式サイト 深津絵里が賞を取ったからか、TOHOシネマズで延々と予告編を流していたからか、初日とは言えレイトショーの終映が12時だというのに妙に混んでいる。銀座地区ではみゆき座での公開だが、小さいみゆき座で収容できる客の倍ぐらい入っている。これだとみゆき座の席は、全回ほとんど完売か。 能天気な好青年のイメージの強い妻夫木が、何を考えているか判らない物凄い暗い男を... [続きを読む]

受信: 2010年12月12日 (日) 04時23分

» 『悪人』 [kuemama's_webryblog]
2010年/東宝/139分 【オフィシャルサイト】 監督:李相日 出演:妻夫木聡、深津絵里、岡田将生、満島ひかり、柄本明、樹木希林 [続きを読む]

受信: 2010年12月14日 (火) 17時41分

« だから何 | トップページ | 最近のインテリア事情アレコレ »