« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

観ました、「21グラム」

北野武監督作品「アウトレイジ」、すごーく劇場で観たかったのに断念、先日DVDをレンタルして観ました。とっても痛そうで直視できないシーンが多かったのですが、エンターテイメントとしてはすごく上質っていうか流石っていうか、観てよかったー面白かったーみたいな後味。

で、この舌かみそうな名前の監督、「バベル」の人ね、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督作品「21グラム」は・・・とっても辛そうで直視できなシーンが多い上、エンターテイメントとしての価値は高いといえど後味も辛い以外の何でもないっていうか・・・観てよかったーとも面白かったーとも思えません。

Wg2とにかく辛い。辛すぎる。でも、今よりずっと若いときにはじめて観て以来、何度も何度もレンタルして観ています。どうしてだろう、辛いのに。辛いのに、観てしまう。痛そうなのについ何度も観てしまうであろう映画が「アウトレイジ」なら、辛そうでこっちも辛くなるのについ何度も観てしまうのがこの作品。

人間に襲いかかるかもしれない最悪な不幸を数知れず想像してみたりして、ぞっとしてみたりする。この映画では、登場人物たちが皆その類の最悪で醜悪な不幸を背負っています。個人的にだけど、最も恐ろしい不幸を背負うのが、ナオミ・ワッツ演じるクリスティーナ。配偶者と二人の娘を同時に事故で失い、アルコールと薬に溺れてしまう女性。ぞっとします。そのぞっとする展開一部始終を見せつけられるのですからぞっとするうえに参ってしまいます。

そしてもう一つぞっとする「健康を著しく損なっており余命少し」という不幸を背負うポール(ショーン・ペン)。これまたぞっとする(ぞっとするしつこいね)罪悪感や貧困を背負いながら苦しむ男性ジャック(ベニチオ・デル・トロ)。

この三組の不幸が不思議な縁で交錯していくこの辛さ。でもどうしてついつい観てしまうのか、それってどんな深層心理が働いているのか、自分でも解らない。怖いものみたさ?でもホラー映画とか「アウトレイジ」みたいな映画とかとはまったく異質の怖さ。たぶんこれ、何か新しい怖さ、として。で、この類の怖さを体感できる作品って、他に見つからない、だから繰り返しこれを観てしまうのだろうなあ。きっとまたレンタルしてまた観るんだろうなあ。「アウトレイジ」もだけど。

題名の由来がまた恐ろしいので、未視聴な上興味のある方は是非ご覧下さい・・・ってだいぶ昔の作品だけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子育てのコツ 其の壱

育児・・・。365日絶え間なく続く激務。エタノールを脳に注入したくなる最たる要因。でも、だめ、ぜったい!アレは本当、合法薬物sign01 だと思うよーーーーあああぁぁぁぁ!!!。

本日はとても真面目に育児についてお話します。平成23年9月現在かなり遅れ出た「自ブログでの育児方法自画自賛」、でもこれからご紹介するこの手技(手っていうかなんか)って結構役立つ方には役立つと思います。

まずですね、ワタクシの子育てバイブルは東村アキコ先生著「ママはテンパリスト」全巻heart です。数々の公式育児本てのは本当にかなりなんだかアレだったりします。

で、東村先生よろしく、「ちょっと変わった子育て方法、でもものすごい実用的なかんじの技」をワタクシも披露させて頂くと・・・鬼作戦関係ではありません、鬼作戦について詳しく知りたい方は東村アキコ先生著「ママはテンパリスト」全巻購入&参照プリーズshine

1.課題シーズンワン 「子供がイヤイヤしたときの対処法」

おむつ交換最中・離乳食食事中・家中のいろんなものぶっ壊し最中・家中のいろんな液体こぼし放題最中・もう何の意味も見つからないのに号泣軽く20分超え最中・・・いろーんパターン にコレは有効です。

宇宙人にさらわれたふりをする。

どうです?「VERY」「STORY」なんかを愛読書としている西麻布・広尾・三茶とか三宿あたり・六本木心中ねえアタシ綺麗でしょいい女でしょミカケより尽くすタイプなセレブ地域在住主婦の奥様なんかは、正直「ナニコイツ」でしょう。

でもこれが、ものすごーーく効果あるんです。実行できるできないは別とします。

まず、声を精一杯甲高く出すのがこの作戦での重要ポイントです。マライア・キャリーの声で例えると7オクターブの一番高いトコロnote みたいなかんじです。そして、目をできるだけ白目に近くします。いやですか?一時期は読モとして活躍していたこの私がなんでまたそんな?却下です。そして両手を宙にひらひらさせたり首を左右にゆっくり振ったり少しおかしな行動をとる。ここで脱落した方はこの先は無理でしょう。そしてとりあえず何でもいいので思いついたことなんでも良いので!!出来るだけ長く何かを言いましょう。

「わたしはうちゅうじんにさらわれたわたしはじっけんだいにされているたいしょうけんのらーめんとにっしんのちゃーしゅーらーめんのあじのちがいがわかるかどうかをじっけんされているよってよってこのようなじょうたいにな・・・」

言う内容は本当にどうでもなんでも良いのです。大切なのは状態。これで大抵の赤子はママなんかすごくへん的に放心状態になるので、その隙をねらっておむつかえるもよし離乳食食べさせちゃうもよし泣きやんだらひとやすみしてキットカット食べてもよしです。大体解って頂けましたでしょうか!少し早いですが失礼します。いつか課題シーズンツーを書きたい所存。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よしもとばななさんに整えていただく

自分、数日に一回、夜ぜんっぜん眠れない日があります。自分、不器用なもんで。で、つい最近の「眠れない夜を抱いて」の日は、よしもとばななさんheart の日記を読んで読んで読んで、鮭のカマ焼いて食べた後(深夜に)よしもとばななさんheart の日記を読んで読んで読んで眠りました。

彼女の日記を読んでいると、なんか人生が軌道修正されるかんじがするのです。ぐにゃぐにゃ入り組んじゃってる自分の人生がすーっとすっきりまっすぐになる感覚!を感じる。「愛する人たちが死ぬことを恐れてもしかたないその人たちと良い思い出を作っていくことが全て」みたいな部分は目からうろこだった。あと「夫婦は血がつながっていない勘違いして礼儀忘れちゃだめ」とか「自分を大事にするってことは嫌なこととも関わって嫌な思いすること」とかもう読んでいると金槌でアタマたたかれることが沢山(文は全部うろ覚えです)。

よしもとばななさんの日記は、人によっては無理かもなあ・・・と思います、実際そういった声を多く聞く。あまりにいろいろはっきりしすぎているせいだとオモウ、個人の考え方が。公に出すものだからって誤魔化したり隠したりしていない。人間くささみたいな。聖人ぶらなさみたいな。「ムリヤリうすらポジティブ」みたいなうそくささがなく人生のネガティブさにも真っ向から向かい合っている。

自分はー大好きっす。彼女の日記を読むことで本当にいつも乱れがちなl心が整うshine っていうか。なんか自分が経験してきたものすごーく嫌な出来事の数々spade も、経験しなくてはいけなかったことだと思えるっつーかー、損じゃなかった?みたいな?

2

自分これ臨月のときの日記で初めて紹介しててー・・・(一冊めをね)、他にもいろいろ読みながらなんでー、今やっと八冊めっす。ちらっと読んで大丈夫そうな人にはマジおすすめっす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

乙女とは孤高であるべき by嶽本様

8

               あたしたちいつもいっしょーheart04 イェーイ!

3

          うちは好かん。そーゆーのは好かん。一人で十分や。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人間ドックの謎

家計簿では夫婦二人の収入を合わせると黒字になるのに、実際は赤字であるこの謎。台風でお産増加の謎。若人あきら再ブレイクの謎。謎。謎。

宝くじ当たらないかなあ。買ってないけど。

で、昨日久しぶりに原稿依頼が来ました。頑張ってチャキチャキ仕上げて神聖黒字にしなければ。話題沸騰の神聖かまってちゃん見たかった。

今月は9月。来月は10月。10月には誕生日、自分37歳になるのですが、まさか自分が37歳という年齢になろうとは思わなかったよ。本当。本当に。こんなかんじで40歳を迎えた暁には、やっぱり自分が40歳になるとは思わなかった・・・って思うのだろうなあ。過ぎていく日々。寄る歳波。絶え間なく襲う重力。近づく死。

で、歳も歳なんで先日人生初の人間ドックshine に行きました。35歳から人間ドックアリのお勤め先自分30代前半に退職したんで本当人生初。結果、痩せすぎってのは古代大昔から健診で指摘され続け毎度めでたくC判定をいただいておりこれは仕方ないとして、心臓が時計回りなんたらかんたらってのも敷き重ねるしるし古き良き昭和から毎度B判定をいただいておりこれも仕方ないとして、

それ以外は全部Aでした!煙草を吸わない自分エライ!お酒もやめてる自分マンセー!ビバ青汁にマルチビタミン!にんにく卵黄にロイヤルゼリーバンザイ!そのうちなんかマニアックな健康雑誌ばっかり買うようになってね。高麗ニンジンとか高額な漢方薬系ハマってね。ベランダでよくわからない草育て始めて副業はじめちゃったりしてね。怖いよね。

2

前日にバイトで夜ごはんを食べれず、胃カメラの後やっとありついたお食事。美味しかった・・・ものすごく・・・。タイトルがタイトルなのに人間ドックに関してとくに謎に感じたことは無し。反則・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »