« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

木枯し紋次郎

先日ですね、子供服激安ショップ「しま○ら」で、珠子(一歳八カ月の女児)にカーディガンを買ってあげようとしたんです。この不安定な温度が続く季節がらね。でもね、もんのすごくダサいものしかなかったので、しかたなく「ポンチョ」にしたんですよ、この命名の由来に筆者自身疑問を抱いてやまない「ポンチョ」。

                         此れ。
                         ↓

11

でも赤子が着ると、間違いなく「木枯し紋次郎 」ってかんじなんです、実際「ポンチョ」ってアレ観た西洋人とかが開発したんじゃないの!?

8
                                                            ↑
                                                   木枯し紋次郎

       まあでもカーディガンより着せやすいし!結構重宝しています。

22_2
                     走る木枯し紋次郎

33
                 ころんで泣く木枯し紋次郎

| | コメント (0) | トラックバック (0)

観ました、「トイレット」

仕事をクビになってからというもの、原稿書きの仕事がないときは、育児と家事だけの生活・・・結構かなり自由な時間があるものだと感じています。もちろんだからフルタイムで働こうとなるとそれは無理があるけれど、ほどほどになら十分時間があまるものなのだなと。

赤ちゃんが一歳半未満のおかあさんとかは別ですが、まだ歩けないとかミルクも数時間置きだとかは、でもここまでくるといろいろキャパが広がったかんじ。

それで、最近DVDを近所のTSUTAYAさんで頻繁に借りています。あちこちの面接を落ちながらね。地元に履歴書配って歩いてんのかってくらいね。それで最近ヒットだったのがやはりこれ。

やはりというのは監督が荻上直子氏であるからです。「めがね」「かもめ食堂」も大好きなのです。

主人公のレイ(アレックス・ハウス)は研究職。友達も彼女も作らず、誰とも深く関わらずに一人でいるのが大好き。趣味はプラモデルでロボットをつくること。

妹のリサ(タチアナ・マズラニー)は女学生。いつも黒を基調としたファッションで、華やかな女の子とは言えない。いつもむすっとしている。

兄のモーリー(デイヴィッド・レンドル)は引きこもりでニート。外に怖くて出られない病気で4年間もそんな状態。

4_3


その3人の家族が、母の死をきっかけに日本人の「ばーちゃん」(もたいまさこ)と接していき、自分の可能性をいろいろと見出していくお話。

なんかうまいんですよね。「重力ピエロ」とかサンドラ・ブロックがアカデミーで主演女優賞とった、黒人の青年を家族に迎えるあの映画とか(思いつき順)、ちょーっと家族みんなイイ人すぎ仲良すぎじゃない??実際こーんなかんじある??

ってなりがちなんですが、この監督が撮る人間ってすごいリアリティあって、この3人と「ばーちゃん」もなんか隣にすぐいそうな家族ってかんじ。

一般的に華やかになりがちな映画の登場人物、「シザーハンズ」のウィノナとか「SATC」のキャリーとかなんか(思いつき順)、でも主人公レイって、本当に同じ職場や同じマンションに沢山いそう。でも目立たないからとりたてて記憶に残らないだけ。実はこういう人こそがこつこつこつこつ地味に毎日働いて世の中をしっかりと支えている。派手にパフォーマンスする人たちの何百倍も。

レイの妹のリサもやはりリアル。実在する女学生はこういう子が大多数。ビバヒルの主要人物とかあれほんの一握り。

長男のモーリーは普段人目につきにくいが、時代的にも日本にはものすごく多く存在するであろう人物像。ただ人目につきにくいっていう。

そんな3人と「ばーちゃん」の心の交流は素晴らしいのです。みんな作り笑いしない。怒る時は怒るし言いたいことずけずけ言ってもうリアルに「家族」なのですが、「ばーちゃん」が加わりさらにその親密さは良い方向に向いていく。

リサとモーリーとは自分の可能性を見つけ夢をもつようになる。レイはといえば相変わらず地味にこつこつと生きますが、ある事実と「ばーちゃん」の影響から人と人とのつながりをしっかりと見つめるようになる。

何がいいかって、このすごくリアルなかんじと、どう?感動するでしょ?いいお話でしょ?みたいな制作者側の気持ちが全くないこのかんじ。で、こういった平凡極まりない人々が実はすごくイイ、みたいなこのかんじ。

モーリーが古いミシンを見つけて新しい自分を見つけるシーンで、ちょっとひらめいてしまった。いや~、映画って、本当に良いですね~←これ若い人知らないかなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (15)

「ギャフン!」其の弐

Dscn6699

私理華。やっと退院して病院から家に戻れたわ。お医者さん力加減調節出来ないバカのこと考えて頑丈な紐にしてくれたわ。

Dscn6700

しかしあいつ、退院してきて茶色の包装紙でくるんである私の姿見て「子猿のミイラみたい」ってゲラゲラ笑ってたのよ!

Dscn6701

あ~超絶にハラがたつわよ、誰のおかげで退屈な入院生活強いられたっての!?絶対に何かギャフン!と言わせてやる方法見つけてやるわ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツンデレ睡眠

もう知らない!

 

ママのパソコンこわしたのあんたでしょ!

働きたいママのアシ引っ張るのあんたでしょ!

面接にもれなく落ちる原因あんたでしょ(それはどうかな)!

どうして食べてくれないの??

食肉加工関係のヒトや、お野菜育てる農業のヒトや、それ受注していろんなもの製造する人や、みーーーんな頑張って出来た食材を、どーして「いただきます!」って感謝して食べれな・・・

無理か、赤ん坊相手に・・・・。

でも実際そう思うんですよね、皆苦労して「人間の食べるもの」を簡単に食卓に運べるように手配してくれている人々その労働の過酷さ、その食材ひとつひとつに人知れない労力がある。

赤ん坊はそんなこと知ったことではないんですよね。でももうここまでこぼしたりなげたりぶちまけられるとね、なんですかね昭和生まれですし食べ物に少し執着しすぎっていうかでも新鮮で十分美味しいものをそんな・・・食べたくても食べられない子うんぬんかんぬんうんぬんかんぬんうんぬんーーーってなっちゃうんですーーーー!!!

こいつは本当にものを食べなくて親を悩ませてきたのにまだか、ここまで育ててまだか、ちょっとおもてでろやこらああぁぁぁ!!!

あ~あ。

もう今日は眠ります。ああ睡眠、できれば永遠に共に過ごしたい貴方、でもときどきイジワルする貴方・・・まさにもうツンデレ以外の何物でもないな。ハラ立つわほんと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ある晴れた日の昼の惨劇

先日、珠子が 「おさるのジョージ」 に夢中になっている間に、こっそりお風呂に入ったのですよ。 もうすっかり夏らしくなってきてですね、 今までお風呂3日に一回とかだったんですけれど今はそれじゃあ、体中べたべたしてですね、アタマは痒いし、こりゃ、、もう少なくとも二日に一回は入らないと全身 べったべったべったべった してフローリング歩いても足の裏にいろんなものつくし。

でも甘かった。珠子が眠ってもいないのにお風呂に入るなんて、ヤツのハハとして愚の絶頂。仕事道具やられた。

珠子の手の届かない場所(ダブルベッドの奥の奥のほう)に置いたつもりだったんですけどね、あまかった、あいつもうある程度いろいろ登るんだ知恵を使って。

99

あ~これどうすりゃいいんだ、どうして器用に、キーボードの保護シートはがしてまで、パズルのつもりダッタノカ?ジャアモトモトニ 戻してくれよ。

此処までうつのに時間すごくかかった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「もうねんね」

2


表紙のコが飼い犬ミトンに あまりにも眠る姿が似ていたsign01 のでとりよせた絵本。

                      カワユシ。

8

                  本を広げるとこんなかんじ。

3_2
    中身はこんなかんじ。いろいろな動物たちが眠りにつく様子があいくるしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

死んだフリ

(gbrgbン*ッ紗ッ座SZZZZZZZZZZZZZZZZZBんV4WQ1N5;;;;;;;\@P-[-

上記の謎の一行は、本日うたたねしていた間に珠子(一歳七カ月の女児)がパソコン(しかもワードを開いていた)に打ち込んだ謎のお言葉。

何かの暗号か?これで歴史学者のアタマを悩ませてきた謎の古代文明、エジプトあたりの洞窟に創られた開かずの扉が開きお宝ががっぽりと・・・。先日またカリオストロ見ちゃって・・・すみません。

でもなんかすげーなー神秘。大人にこんなこと打てないなあ・・・神秘でもなんでもねーか。

昨日はものすごく山○家のとんこつラーメンバリ堅脂多めトッピングにはネギと卵が食べたかったのですが、食べる方法は一つ。べビーシッターさんを呼ぶことだ。しかし考えてもみると、一時間1500円というその市場では安めのベビーシッターさんのチラシを先日ポストから見つけたのですが、一時間で食べて帰ってきてもその通常880円の大好きな山○家のとんこつラーメンバリ堅脂多めトッピングにはネギと卵が2380円という値段に跳ね上がる。

どんだけ~。どんだけ高額なラーメン~。

かといって一か月前くらいかなあ、珠子と二人で山○家行ったら、もうめっちゃくっちゃだったんですよ、店員泣かせっていうか、床に水こぼすしテーブル汚すだけ汚すし、まああんまり女一人赤ちゃん連れてラーメン食べに来てる客見ないけど、訳がわかったよ!

でもね自分は東京都の大田区○○駅付近(結婚するまで勤めていた会社があった場所)のラーメン屋はほぼ制覇している無類のラーメン好き、なのに自分で茹でたラーメンしか食べれなくなってしまった今・・・嫁いできたこの場所にもまだまだ行ってみたいラーメン屋は山ほど存在・・・。

本題に入ります。

まあいつもの通りどうでもいいことなんですけど。

珠子(一歳七カ月の女児)の前で死んだフリしてみました。

ベッドやソファの上では通じない、眠っているだけと思われるから、脱衣所、風呂場、トイレ、玄関など普段横になるはずのない場所で横になるのです。で、いつもの寝姿よりも、なんかちょっといかにも死んじゃっている人風にアレンジします。

結果:珠子は「ママ!ママ!」←今現在ママとパパとワンワンしか言えません と大きな声で泣き叫びながらビンタを数発くらわし挙句体にのしかかってゆさゆさ揺らしました。

なんか野生の王国?人間って結局動物なんだよなあ・・・地球に生息する全哺乳類の皆さんとそう変わらないのだなあ・・・みたいに実感した。なんかライオンだかシマウマだかアザラシだかも皆こんなかんじなのテレビで見たなあって。自然厳しいから、親が先に死んだり、あるでしょ、それで子供がどーすべかみたいな感じで横に・・・みたいな。可哀想だからわりとすぐやめたけどー。

Photo
                               家製品好き。とにかく化製品が大好き。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

解雇

ちょっとー、面白い情報!

コンビニクビになった!

すごい、人生初のクビ!

「りりこ」 が最後の最後まで忘れなかった「ミナサマヲヨロコバスコト」。人間ってなんか「タニンノオモシロイコト」大好きでしょう?日々耳も口も発言○町的なアレでしょう?

まあ今の時代仕事クビくらいどーでもないか。もっともっとアレじゃないと!!!

自分をクビにする理由を常識人の仮面かぶってツラツラ述べる雇用主の顔を見ながら、「こいつ絶対妻の育児に協力せず好き放題やってたクチだな」としみじみ感じた。ダンナサマに十分すぎるほど育児に協力してもらっているにも関わらず仕事クビになる自分もまあダメダメなんですけど。

そんなおり、いま原稿書きの仕事ひとつしか来てないし、何か職さがさねーとなあdashと考えつつネットの波にテケテケのっていたんです。

今日はビックウェーブ来ましたわ。

まず例の離婚問題。美○さん、良いと思う。エキセントリックですわ。普通の女性なら「怖がられる!」って遠慮する行動範囲ですわ。それを体現なさっていたと。でももう正直で体当たりじゃない。こんなできるって羨ましい。相手の心労は置いておいて。

あと、杉並区でおこなわれた問題のイベント。キモイし自分絶対参加しないsign03 けど、なんかー「芸術」って度を超すとどこまでいくんだ古谷実先生著「シガテラ」のあの女の子思い出す。

でもなんかアリなのかなあとか思ったりする。「芸術」とやらについて深く考察させられる。堀の中に長くいたあの阿部様が「【芸術】とは皆【色恋関係】から発信される」的なこと仰っていたこととか思い出したり。

でもまあ仕事クビだろうが他人様もいろいろ大変だろうが、ダンナサマも珠子も実家の家族もミトンもマリコも元気だから、自分にはそれが一番だよ。十分すぎるくらいに。自然災害にも病魔にも襲われずにさ。なんかもうホトケ?2度も限りなく死にかけて生きているとなんかこーなるのか。だって今生きてパソコンに向かっているこの時間も本当は死んでいたはずの自分の時間ってかんじだから。

追伸:教育テレビで毎日歌って踊っているお兄さんとお姉さん・お笑い芸人さん等を、自分はずーっと「よくやるよな~」的な視線で観ていた。しかし今は、この人たちは全国の育児に頑張るお母さん達を、もんのすごく、もんのすごく助けているのだなあとしみじみ尊敬している。かつての自分の価値観を恥じている。感謝しています、とても素晴らしいお仕事です、どうぞくれぐれも働きすぎにお気をつけて、頑張って下さい、応援しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »