« 「ギャフン!」其の弐 | トップページ | 木枯し紋次郎 »

観ました、「トイレット」

仕事をクビになってからというもの、原稿書きの仕事がないときは、育児と家事だけの生活・・・結構かなり自由な時間があるものだと感じています。もちろんだからフルタイムで働こうとなるとそれは無理があるけれど、ほどほどになら十分時間があまるものなのだなと。

赤ちゃんが一歳半未満のおかあさんとかは別ですが、まだ歩けないとかミルクも数時間置きだとかは、でもここまでくるといろいろキャパが広がったかんじ。

それで、最近DVDを近所のTSUTAYAさんで頻繁に借りています。あちこちの面接を落ちながらね。地元に履歴書配って歩いてんのかってくらいね。それで最近ヒットだったのがやはりこれ。

やはりというのは監督が荻上直子氏であるからです。「めがね」「かもめ食堂」も大好きなのです。

主人公のレイ(アレックス・ハウス)は研究職。友達も彼女も作らず、誰とも深く関わらずに一人でいるのが大好き。趣味はプラモデルでロボットをつくること。

妹のリサ(タチアナ・マズラニー)は女学生。いつも黒を基調としたファッションで、華やかな女の子とは言えない。いつもむすっとしている。

兄のモーリー(デイヴィッド・レンドル)は引きこもりでニート。外に怖くて出られない病気で4年間もそんな状態。

4_3


その3人の家族が、母の死をきっかけに日本人の「ばーちゃん」(もたいまさこ)と接していき、自分の可能性をいろいろと見出していくお話。

なんかうまいんですよね。「重力ピエロ」とかサンドラ・ブロックがアカデミーで主演女優賞とった、黒人の青年を家族に迎えるあの映画とか(思いつき順)、ちょーっと家族みんなイイ人すぎ仲良すぎじゃない??実際こーんなかんじある??

ってなりがちなんですが、この監督が撮る人間ってすごいリアリティあって、この3人と「ばーちゃん」もなんか隣にすぐいそうな家族ってかんじ。

一般的に華やかになりがちな映画の登場人物、「シザーハンズ」のウィノナとか「SATC」のキャリーとかなんか(思いつき順)、でも主人公レイって、本当に同じ職場や同じマンションに沢山いそう。でも目立たないからとりたてて記憶に残らないだけ。実はこういう人こそがこつこつこつこつ地味に毎日働いて世の中をしっかりと支えている。派手にパフォーマンスする人たちの何百倍も。

レイの妹のリサもやはりリアル。実在する女学生はこういう子が大多数。ビバヒルの主要人物とかあれほんの一握り。

長男のモーリーは普段人目につきにくいが、時代的にも日本にはものすごく多く存在するであろう人物像。ただ人目につきにくいっていう。

そんな3人と「ばーちゃん」の心の交流は素晴らしいのです。みんな作り笑いしない。怒る時は怒るし言いたいことずけずけ言ってもうリアルに「家族」なのですが、「ばーちゃん」が加わりさらにその親密さは良い方向に向いていく。

リサとモーリーとは自分の可能性を見つけ夢をもつようになる。レイはといえば相変わらず地味にこつこつと生きますが、ある事実と「ばーちゃん」の影響から人と人とのつながりをしっかりと見つめるようになる。

何がいいかって、このすごくリアルなかんじと、どう?感動するでしょ?いいお話でしょ?みたいな制作者側の気持ちが全くないこのかんじ。で、こういった平凡極まりない人々が実はすごくイイ、みたいなこのかんじ。

モーリーが古いミシンを見つけて新しい自分を見つけるシーンで、ちょっとひらめいてしまった。いや~、映画って、本当に良いですね~←これ若い人知らないかなあ。

|

« 「ギャフン!」其の弐 | トップページ | 木枯し紋次郎 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ヤマトさん、おはようございます^^
TB、ありがとうございましたm(__)m
プチ、ご無沙汰でしたね(汗)?

この婆さんの無言の存在感、凄かったですね(笑)?
もたいまさこって不思議女優さんですよね!
ただ黙って座っているだけで、
笑えたり、泣けたりする貴重な女優さんです^^

投稿: cyaz | 2012年6月28日 (木) 08時24分

cyazさん、おはようございます!

TB返しとコメントどうもありがとうございます!

そうですよね、他に
もたいまさこさんの変わりになる女優さんって、
いないですよね。

私は一時期、なにか辛い時
「めがね」をみる、
という習慣があったのですが、
何が良いってもたいさんのあの微笑みでした。

あとは綺麗な自然や美味しそうな食べ物をみて、
まあいいかーみたいになっていました。

この監督さんの作品はDVDそろえたいなあ。

投稿: ヤマト | 2012年6月28日 (木) 09時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13569/45928262

この記事へのトラックバック一覧です: 観ました、「トイレット」:

» トイレット [あーうぃ だにぇっと]
7月23日(金)@京橋テアトル試写室で鑑賞。 京橋テアトル試写室は2回目。 どうも位置関係がつかみにくい場所にある試写室だ。 このあたりは、似たようなビルが立ち並んで空間把握が難しい。... [続きを読む]

受信: 2012年6月27日 (水) 22時07分

» 『トイレット』 [beatitude]
荻上直子監督作品はWOWOWで放送した『めがね』を見たことがあるだけ。大スクリーンで観なくてもいいかぁと思い、なかなか足を運ばなかったんですが、『めがね』を見てこの空気感はいいなぁ、こんな風に時間が流れたらいいなぁとすっかり与論島に行ってみたくなったもんで...... [続きを読む]

受信: 2012年6月27日 (水) 22時26分

» トイレット・・・・・評価額1550円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
「かもめ食堂」 「めがね」に続く荻上直子監督の最新作は、「トイレット」というこれまた奇妙なタイトルの作品だ。 資本的には日本映画だが、舞台は北米で完全な英語劇である。 「かもめ食堂」の大成功を受...... [続きを読む]

受信: 2012年6月27日 (水) 23時25分

» トイレット [そーれりぽーと]
『かもめ食堂』『めがね』に続く荻上直子監督作『トイレット』を観てきました。 ★★★★ 荻上直子監督が去った後も『かもめ食堂』『めがね』を彷彿とする映画を創り続けるPasco提供とは違い、当の監督自身は今回大冒険してくれました。 想像していたのとは全く違う雰囲気の...... [続きを読む]

受信: 2012年6月27日 (水) 23時32分

» トイレット [だらだら無気力ブログ]
『かもめ食堂』『めがね』の荻上直子監督が実に構想5年の歳月をかけて 前作から3年ぶりに手掛けた感動作。 荻上監督のミューズであるもたいまさこを主演に、ばらばらで問題だらけの 三兄妹と母親が死ぬ前に呼び寄せた祖母との奇妙な同居生活を経ながら、 家族の愛情と…... [続きを読む]

受信: 2012年6月28日 (木) 00時13分

» トイレット [映画的・絵画的・音楽的]
 荻上直子監督の前2作はお気に入りなので、3作目もと思って『トイレット』を見に銀座テアトルシネマに行ってきました。 (1)物語は、アメリカのある町の墓地における母親の葬儀の場面から始まります。日本人の母親が突然亡くなって、3人の兄妹が取り残されますが、もう一...... [続きを読む]

受信: 2012年6月28日 (木) 05時35分

» ばーちゃん、クール!~『トイレット』 [真紅のthinkingdays]
 今日、ママが死んだ。そう大きくない家と、猫のセンセーと、日本から来たばー ちゃんを遺して・・・。  スローで、ロハスで、クールな荻上直子監督の新作。衝撃的(?)なタイトルの 由来は、あのマ...... [続きを読む]

受信: 2012年6月28日 (木) 07時42分

» 『トイレット』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「トイレット」□監督・脚本 荻上直子□キャスト もたいまさこ、アレックス・ハウス、タチアナ・マズラニー、デビッド・レンドル、サチ・パーカー■鑑賞日 8月28日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感...... [続きを読む]

受信: 2012年6月28日 (木) 08時21分

» トイレット [いやいやえん]
トイレが異常に長くて、外に出てくる度に深いため息をつくなんて、アレしかないでしょ、ほらアレアレ!(笑) 引きこもりになったピアニストの長男モーリー、ロボットオタクの次男レイ、大学生の末っ子リサとが、日本人の「ばあちゃん(もたいまさこさん)」と過ごす日常を描いた作品。 随分と直接的なタイトルだなぁと思いつつ…これまたもたいさんが存在感ありますねえ。カナダロケした英語作品でそれぞれお互いに不器用で仲は良くなかった兄妹が、ばあちゃんを通して絆を深めていきます。 独特のどこかしらのゆるさは相変... [続きを読む]

受信: 2012年6月28日 (木) 10時11分

» 高価なお寿司よりも手作りの餃子。『トイレット』 [水曜日のシネマ日記]
日本人の母親を亡くしたカナダに住む3人兄弟妹と日本から来た祖母の物語です。 [続きを読む]

受信: 2012年6月28日 (木) 12時54分

» トイレット [LOVE Cinemas 調布]
『かもめ食堂』『めがね』の荻上直子監督のオリジナル脚本により最新作。今回は全編カナダロケで、言葉も英語となっている。バラバラな3兄妹がばーちゃんとの共同生活の中で徐々に絆を取り戻していく様子を描く。ばーちゃん役にもたいまさこ、謎の女性役に『西の魔女は死んだ』のサチ・パーカーが出演している。... [続きを読む]

受信: 2012年6月28日 (木) 15時52分

» トイレット [迷宮映画館]
まったり・・・もいいんですが、ちょっとだけまったりしすぎたかな・・・。 [続きを読む]

受信: 2012年6月28日 (木) 19時13分

» トイレット [ただの映画好き日記]
引きこもりになったピアニストの長男モーリー、ロボットオタクの次男レイ、大学生の末っ子リサ。そして、生前母親が日本から呼んだ祖母=“ばーちゃん。 [続きを読む]

受信: 2012年6月29日 (金) 10時25分

» トイレット [Diarydiary! ]
《トイレット》 2010年 日本/カナダ映画 ママが残してくれたもの、引きこもり [続きを読む]

受信: 2012年7月13日 (金) 21時47分

» 「トイレット」 [みんなシネマいいのに!]
 シリーズ物は、同じような話展開でも「お約束」で済んでしまうけど、単発の映画でそ [続きを読む]

受信: 2012年7月22日 (日) 21時27分

« 「ギャフン!」其の弐 | トップページ | 木枯し紋次郎 »