« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

残念なこと

明日から 2月 ですね!

今現在が何年何月でもまあ結構、どーでも良い のですけれどね!!

そうそう 何なのだか、ま---だ 1月 なのだのですのよね!?

って言ってたってなぁ2013年もあっと言う間に2014年になるのだろうなあぁーあーーあーぁーー!!!

今現在珠子とマリコが shine一心同体shine となってワタクシのこのブログ更新作業を邪魔しに来ているんですよね、すごい力ですわこの力技は犬や赤子を超越していますわ 姉妹愛 ですよ 姉妹愛 ですわ、でもお願いやめてください! とか叫んでもコイツラ言葉通じねえんだーあーーあーーーーあーーーーー!!!

もう筆者壊れちゃったんで、いつも冷静な ミトン様 に頼もしく代筆して頂きます。

Imgp0670                       あ?なんだ?

Imgp0669                なんか書け?マジで言ってんのかコラ。

Imgp0671_2                       失せろ!!

想像以上 に恐ろしかったので代筆依頼辞めました。本当に残念です。残念としか言えません。で、今回はこれにて撤収!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「きのう何食べた?」 ☆5点満点で ☆5点

テレビで菅野美穂さんが推薦していらして、内容にとても興味をもったので、レンタルして読んでいます。

10

早速、1巻の後半にある「いわしの梅煮」を作りました!

・・・と言って、出来上がったお料理の画像をUPする予定でしたが、雪が降ったので外にでるのがいやになってしまいスーパーの食料品売り場にて肝心の 「いわし8尾」 が購入できませんでした。後日作ったらUPします。

よしながふみさんってとっても綺麗な絵を描かれるのですね、この人の作品は初めて読みました。お料理モノは映画でもドラマでも漫画でも小説でも大好き!ですが、この作品はレシピまで詳しく解りやすく書いていてくれていて、 すごいヒット! 登場する人物像も皆個性的でドストライクです。

はやく続きが読みたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マリコの母性

マリコ(1歳7カ月)は 成犬女子 ではあるが、普段はただのやんちゃなワンコです。しかしやはり、繁殖機能は生後数カ月で手術によりなくしていますが(ごめんねマリコ)、母性 はあるみたいで。2歳2カ月の赤子である珠子さんのことが大好きなのです。

8                  「この子はわたしが守るの(キリッ。」 
                                 あ~それらくー、できればずっと相手して~。

7        「この子はわたしが守るの・・・。でもはやく一緒に遊びたいの。」
                                       守るの?遊ぶの?どっち~?

4                「えーと・・・今日は・・・遊ぶの。」
                                   今日はじゃなくて其れ毎日でしょうよ。

5                   「はやく起きないかなあ。」
                               起きないよ、母親に似てものすごく眠るから。

1                  「起きてよ、はやく遊ぼうよ。」
                 起きないよ、一日家でごろごろしてて冬は外キライだもん(母親似で)。

3          「やっとむくっと起きたけど今度はわたしが眠いの。」
                                      なんなんだよ、あんたもか。

2_2                  「5分、5分だけ眠るね~。」
           5分って2時間のことでしょ。皆似たり寄ったりだな。

 

冬眠って人間にもあればよいのにって 小学生の頃から切実に願っていた。ぐうたらは子供にも飼い犬にも伝授され、きっと一生治らないのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まだウシジマくん

「現実は小説より奇なり」

と言い得て奇なり、

「漫画は小説より奇なり」??

「活字のみ」 で表すことと 「絵と活字」 で表すこと、そのどこに「文学」というもの繊細かつ俊敏である差があろうか。

相も変わらず「ウシジマくん」な日々です。

88

竹本君の 自己犠牲の精神 の切なさ。竹本君への情を抑え殺して 自分の信念 を曲げなかったウシジマ君の強さと悲しみ。

過剰な拷問シーンはエンターテイメント性ばっちりなのですが、人間の奥底に隠れた深い情念が素晴らしく描かれている。

子供のころからの友人への捨てられない気持ち。

何も言えない表現できない動物への同情に似た気持ち。

娘が「リロ&スティッチ」とか「くまのぷーさん」とかをDVDで観て喜んでいる横で このようなを本 を読んでいるわけですが。

娘が大人になったとき、母である自分が人間を肩書きやら風体やらで其の人の真の価値を判断する 薄い大人 になっていたくないというこの悪あがき。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウシジマくんにおわりウシジマくんではじまる

タイトルは自分の 2 012年の終わり~2013年の始まり の経緯。もうずっとこの漫画読んでた。どんな年越しだ。年越し蕎麦もおせちも ばっちり 不味くなるぜ。うそ、本当は ばっちり 美味しかったのですが、でもね・・・この漫画良いと思うんです。

88

なんか、自分とは 異なる人種 のあらゆる人たちが次々と登場する、しかしどこかしら自分と 似たりよったり のいろいろなひとたち、其の人たちの抱える  其の人生 についてついついふか~く考えてしまうのです。

自分の周りでいうと例えば、車運転しているとやたらとあおるドライバー、車運していると驚くことにウィンカーなしでわりこむドライバー、必要以上に接客態度の悪い店員、何が何でも無表情で営業姿勢のお医者さんやタクシー運転手さん、

朝新装開店のパチンコ店に行列している人たち、同じかんじで宝くじの券買いに並ぶ人たち割引スーパーの開店に並ぶ人たち、インターネットの掲示板にすきなこと自由にかいてる人たち、コンビニの入口で騒ぐギャルたち、それを遠くから見る大人たち、でも一生懸命働くコンビニ店員、

ドラックストアの中で座り込むニットのフード被ったりした若い男女、恐る恐る注意するドラッグストアの店員、年開けなのに新聞紙敷いて路上に寝てる人たち、コートから靴まで全身真っ黒にしたオサレ男子たち(夜見えないんだよ轢いちまうよ!)、公衆トイレに向かなそうなふわふわのへんなブーツはいた女の子たち(細菌付着が心配だよ!)

福袋買い求めに ジ○スコ に集合する人たち、その人たちの将棋倒れを阻止する警備員たち、本当はその騒動にダイブして参加したいのにただただ家で恐竜の赤ちゃんみたいな子供の子育てにアタマを抱えて悩む自分や脳がプチっとなって体が不自由になるのを必要以上に恐れる自分・・・

まあ・・・年末年始って 妙にハイになる人 もいれば 妙にダークになる人 も多いのですよ、今書店に並んでいる瑛太と松田龍平が表紙のテレビブロスにあるコラムのひとつで 松尾スズキサマ が全部もんのすごく解りやすく書いて下さっているのでピンとこなかったら読んで下さい。世の中調子良い明るい喜ばしい幸先良い嬉しーい楽ーしーい大-好ーきー!なだけじゃダメなのだー。そうなのだー。

そんな神聖距離をある程度保ってつきあいたわれたい側の自分ですが、本年もどうぞよろしくお願い致します。

大根仁様の「まほろ駅前番外地」は絶対に観ます!

7_2                       観るべし!べしべし!

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »