« おててのしわとしわをあわせて | トップページ | 今日からこのブログは漫画になります »

カレー討論

姉さん、事件です、今GWまっただ中なのにここ茨城県はどこも ガラガラ です。何故なら姉さん、皆 東京 へ登り登られ登らさられだからだと思います。

姉さん、私はどこに行く予定もわりとありません。だから姉さん、中島らもの本にかじりついてばかりおらず此処はひとつ 「カレー」 について考えてもみてもいいんじゃないかと思います。

まず子供たちや成人たち、此処では数十年前から激増中の老人たち皆、日本では カレーとはとろみがあるもの と思っているとオモウ。でも 本場インド人が経営するインド料理屋さん でだされるカレーにはとろみがないとオモウ。

そして一日本人の成人である自分は、断然とろみなしのカレーを支持する。何故日本人はカレーにとろみを求めるのか、たぶんペリー来航くらいから何か 徐徐に徐徐に 間違って日本人たちに伝達されてきたのではないのか、実家は横浜(のすみっこ)である自分はそう検証する。

そんな 悶々とした思い を抱きつつとろみのあるカレーを食べて育った自分が出会ったこの商品。

Dscf0664
                    衝撃的に美味しい。

Dscf0661
これはレッド。単語で判断してはならず、イエローのほうが唐辛子もはいったりしていて舌がひりひりする。レッドはうちの二歳児も大好きだ。

Dscf0657
          これは先日自身が作ったとろみのある純日本人カレー

姉さん、いろいろ考えた結果自分は今、「とろみがあるほうが単純に白米にのせやすい」という至極単純な結論を導きつつある。

|

« おててのしわとしわをあわせて | トップページ | 今日からこのブログは漫画になります »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13569/51484378

この記事へのトラックバック一覧です: カレー討論:

« おててのしわとしわをあわせて | トップページ | 今日からこのブログは漫画になります »