« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

観ました、SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~ 劇場版 SPEC~翔~

日頃一日中一年中、お風呂に入ることすら面倒。一番幸せだ と感じるときってお布団でごろごろしながら本読んだりDVD観たりCD聞いたり飼い犬とじゃれあったりしているとき。

でも結婚して子供産んでフルタイムで会社で働いているのだからなかなかそんな時間もとれなくなった、佐古君(参照:「闇金ウシジマくん・【 生活保護くん】」)もきっと頑張れるさ。親が年老いて子供まで産んじゃったらもう 生保どうこう言っていられない環境 に追い込まれる。

でもまあお布団でごろごろしながら本読んだりDVD観たりCD聞いたり飼い犬とじゃれあったりできなくなるのかっていうと以外とそうでもなく、月~金勤務の社会人には 「土曜日日曜日やその他祭日・特別休暇」 という ご褒美的な日 も存在する。当方雑誌社に勤務させて頂いており記事も書かせて頂いたりしている都合上あんまり ご褒美的な日 が規則的ではないにしろ、こういった日の自由な時間にはお布団でごろごろしながら本読んだりDVD観たりCD聞いたり飼い犬とじゃれあったりできるから人生捨てたものではない。実はわりと仕事好きだしね。

    前置きが非常に長くなりましたが、今週レンタルしたDVDのひとつが本題です。

2_6

ぐだぐだしたいし手が疲れるからすごーく短いレビューで失礼します。多くの健康な人間には 「中二病」 という厄介な病に侵される時期があり、堤幸彦監督とシオンソノ監督の作品は そういった傾向が非常に濃厚 だと感じるなのですが、そこは無視して、

美しい映像美や精密に作られたストーリー、完成度の高いキャラ設定や初めから終わりまで一字一句見逃せない小ネタ等 とびぬけて質の高いクオリティの面々 を楽しみましょう。

日本国家という一つの発展途上国の上層部を どこまで縮小できるか に監督はチャレンジしたかったわけではないと思うし。

神木龍之介を どこまで美しく撮れるか にチャレンジしたかったわけでもなく、戸田恵理香が女優として 最高潮の境地を開拓していくのを楽しみ たかっただけなわけでもなかったのだと思う。

見どころは北島一輝のあごが疲れそうな「よしかわじゃなくてきっかわ」である まるぼう刑事の名演技 です。そこかよ!

一部展開の早い画像がふくまれるので視聴児には部屋を明るく(ry

「観ました、SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~ 劇場版 SPEC~天~」へ続く!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »