« 夜中にしか自由時間がないという本能 | トップページ | 土鍋でお米炊いてみた »

クズ子だッて完成できるんだってはなし

本日は土曜出勤にて、自分が今の雑誌社に入社して最大のお仕事(撮った写真の数、 文章の長さやバリエーション)をお客さまに拝見して頂く、入社2年近くにして最大のイベントの日だった。

結果お客様は、大変喜んでくれた。超絶ポジティブな脳内変換で彼女の言葉を要約すると、「プロの人に頼むとこんなにスゴイものができるんだ!」と実に感動した様子でそんなかんじのお言葉を頂いた。

これは勿論、いろいろと指導して下さったカメラマン様、優秀なデザインの仕事をこなす女の子様、いろいろな人の力を借りてのことなのだが、本当に嬉しかった。最初は営業しかさせてもらえなかった今の仕事を続けてきて、何度ももうやめようと思ってでもやめなくて・・・良かった、と心底思った。

 家事育児仕事に疲れてお肌もボロボロの自分をこんなふうな考え方にしてくれたのはなんだろう・・・って記憶をたどると・・・

先日も書いたのだが、四歳児の母親(シングル)は速読でも身につけていない限り本読めないと思う。好きな映画も観れなければ、好きな画家の展覧会にも行けず、その経済的事情からどんなに好きでも「ショッピング」という習慣が「ウィンドウショッピング」となり、さらにその「ウィンドウショッピング」という唯一託せるストレス発散の現場にも足を運べなくなるのが実情。シングルお母様が読んでくれていらしたら、激しく賛同して頂ける自信がる。

先日も書いたのだけれど、子供が寝ている間に本を読む→照明が明るすぎて眩しいとクレームがくる、じゃあ別室で本読めばいーじゃん→日本国では親子くっついて眠る習慣があり、子供は怖いくらい母親が離れるのを感好き泣く→じゃーもうだめじゃん→いやいや電子書籍という、薄暗い明りで活字を読める文化が今の先進国にはある→じゃーそれで解決じゃん→いや、紙の香りとか本屋さんとか大好きな自分が電子書籍デビューするのは、なんか違う気が・・・。

結論!今回自分をすごく前向きな思想に導いてくれて、それでいていつもなんか心の中にすみついちゃった「なんちゃって電子書籍」2chの名作集が自分を助けてくれる。

今回大大大ヒットだったのはこれ。↓

                うちの母ちゃん凄いぞ

人間はいろんな人がいる。汚い人も美しい人もどうでもない人も。でも心根の美しい人間のみ記憶に留めて、その人間たちの言動をしっかりと参考にするこの作者は、なにかいろいろな意味で常人を超越した人間だって思った。

Kara_3

書籍化もされていました。なんというか、ひとつのことにまっしぐらに突き進むその姿勢が、多くの人に勇気を与えたみたいなかんじ、感無量。あと本分に出てくる一部の人間のステキさとか、忘れないと思う。

|

« 夜中にしか自由時間がないという本能 | トップページ | 土鍋でお米炊いてみた »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13569/58688542

この記事へのトラックバック一覧です: クズ子だッて完成できるんだってはなし:

« 夜中にしか自由時間がないという本能 | トップページ | 土鍋でお米炊いてみた »