これは、ワタクシがご飯を食べているときです。いつもこんな風に、熱視線を浴びながらご飯を食べるのです。最初は落ち着かなかったけど、もう慣れた。でもずっとおすわりして見てるだけでおねだりはしない、エライ子です。